So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

Windows10移植で、認証を通す件 挫折中。 2017-10-31 [パソコン]

こんばんは、今日は良いお天気で寒くなりましたね。

寒暖差にやられたか、今日は頭痛がするのでウオーキングはお休みです。

先日来悩んでいる、Windows10を移植して、認証を通す件は挫折中です。

昨日からは、Windows8のインストールから初めてWindows8.1まで更新。
この時点では認証が通っているので、Windows10は諦めようかとも思ったのですが、
そのWindows8.1も思惑と違うことになって、挫折中です。

過去記事参照
この過去記事を思い出しながら、内蔵HDDをWindows専用にするつもりのHDDに交換して、
インストールすると、無事に認証されたWindows8.1に戻すことができました。
ここからWindows10へ無償アップグレードできれば良いのですが、定かではありません。

取り合えず内蔵では困るので、取り外してUSB接続にして起動させると、起動開始するものの、
エラーが出て起動失敗となります。
セーフモーで起動するところまではこぎつけましたが、何が悪いのか不明では修復できません。。

ネットで調べて、USB外部HDDに、直接Windowsをインストールする方法を発見しました。
これならうまくいきそうですが、もう一度作業する気力が無いので、しばし休憩です。

久しぶりにお月さん。
昨日と今日です。
20171031-5.jpg

20171031-6.jpg

水槽
金魚
20171031-3.jpg

20171031-4.jpg

ヤマトヌマエビ
20171031-1.jpg

ミナミヌマエビ
こんなのしか撮れません。。
20171031-2.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows10移植でライセンス認証通らない件。  2017-10-28 [パソコン]

こんばんは、今日は雨です。

一昨日の記事で、Windows10の移植と起動には成功したものの、ライセンス認証が通らない件。

原因を探ると、仮想環境からの移植が、そもそもバックアップのためにコピーした仮想環境から
移植した可能性が発覚。 コピーの方もライセンス拒否されて居ました。

このため移植のやり直しをトライ中ですが、今日中には終わりそうにありません。
やり直しでもライセンスが通らない場合は、心折れるかもです。。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MacBook Pro (Early 2011) で Windows10を外付けHDDから起動に成功。 2017-10-26 [パソコン]

こんばんは、今日は久しぶりの快晴でした。

天気は良かったのですが、ウオーキングはお休み。
午前中は母親の施設訪問、午後はパソコンを弄ったり、車検の終わった車を引き取ったりで、
時間切れでした。

以下、ネタもないので、最近取り組んだパソコンネタです。

==<2017/10/27 追記>==
以下で、起動に成功したWindows10ですが、現状、ライセンス認証が拒否されています。 20171027p - 1.jpg

トラブルシューティイグも失敗です。
20171027ap - 1.jpg

元のWindows10(Virtual BOX)は認証されています。
20171027p - 2.jpg

==追記以上==

表題の件、私のパソコンはMacBook Pro (* )なのですが、Windowsもたまには使うので、Mac OSの上で仮想環境(Virtual BOX)を動かして、その中で動かしています。
今は、Windows8からアップグレードしたWinodws10で、お世辞にも快適とは言えませんが、我慢して使っていました。

* MAcBook Pro (Early 2011), Mac OS Sierra 10.12.4

Macでも、Windowsを直接インストールして動かす機能(BootCamp)が、サポートされており、
Windows8では使っていましたが、Windows10はVirtualBox上で無償アップグレードしたので、
もう一度BootCampに戻りたいと思っても、(無償で)直接インストールする術なく、諦めていました。。

先月のことですが、兄弟から預かったWindows8.1のノートパソコンを修復する過程で、このパソコンのHDDを、MacBookにUSB-HDDとして外付けすると、起動時に選択させて(opt+電源ボタン)Windows8.1を起動出来ることに気がつきました。*1
*1 条件は、UEFI形式でブートするようにフォーマットされた(GPT)HDDであることです。

起動してしまえば(ドライバは必要ですが *2)、基本的にはWindowsPCと変わりなく動作します。
そこで、同じようにして作ったHDDに、VirtualBoxで動かしているWindows10を移植してみたところ、最初の起動に手間取りましたが、以降無事起動して動かすことができるようになりました。
WindowsとMACを同時には使えない不便さはありますが、少なくとも、動作は快適となりました、
ただし、何故かサウンドデバイスが認識されず、音が出ませんので、他にも問題ありかもですが。。

*2 MacOS付属の BootCampアシスタントを通じてWindows用のドライバをダウンロードしてインストールします。


(詳細)続く予定。。

水槽写真はお休みです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウオーキングです、FreeNAS問題も更新。 2016-11-24 [パソコン]

こんばんは、今日は寒くなりました。
朝から寒いですが、空模様は不安定でした。

夕方前、黒い雲と陽射しが混ざった怪しい空模様の中、ウオーキングに出ました。
最初少しパラつきましたが、雨風ないので快調に、汗も出ますが少しじっとりする程度ですね。

ウオーキング歩数:4096歩、距離:3.4km、消費カロリー:269kcal
合計歩数:6288歩、消費カロリー:1458歩

ウオーキングはいつも通り、4km強歩いたので、計測タイミングが違った様子。

黒い雲と明るい雲が混じって流れていきます。
20161124p - 1.jpg

ポケモンGOは5kmタマゴからタマタマ孵化。
20161124p - 2.jpg


MAC OS X Sierraにしてから悩んでいた、FreeNAS上のMAC 写真アプリのライブラリですが。。
MACからアクセスできるようになりました。

問題点
Sierraにアップグレード後、写真アプリのライブラリ(FreeNAS保存)更新が始まって失敗。
(FreeNAS上では何やら大量のApple共有プロトコルafpd関係のエラーが。。)
アクセスも出来なくなっていたのは何とかアクセスできるようになった。(前回記事)
ところが試してみるとアクセスはするがエラー多発で読み取りに失敗する。

検証
小さな写真ライブラリを作って試すとエラーを出しながらもアクセスして読み書き出来ている。。
やはりafpdが原因でアクセスが不安定であると思われる。
(ちなみにOS X Sierraの責任ではない、たまたま写真ライブラリの更新処理で顕在化した様子。 )

解決策。
FreeNASの共有設定で、共有プロトコルをApple共有(AFP)からWindows共有(SMB)に変更しました。
詳細はまた記事にするかもですが、これで写真ライブラリに無事にアクセス出来るようになりました。
つまり元のライブラリに異常はなかった。

ネットで調べた範囲ではAFPには過去色々バグ情報が上がってましたが有効な解決策がありません。
最新版は改善されているかもですが、深く追求出来ないので、広く使われているSMBに変えました。
SMBも問題はあって、逆にAFPに切り替えた例もあるものの問題提起が少なく安定している印象です。

別途、TimeMAchineが不調の原因もAFPかもですが、こちらはAFP必須なので対策なしです。

念のため、FreeNAS用ハードのメモリテストも実施。
memtest86+ を使いました。
USB ブートにしましたが、USB作成にWindowsがいるので、そちらに若干苦労しましたが、
無事に実行出来ました。
20161123p - 5.jpg
パス1回目でエラーなし。
パス2回目が1回目より時間かかるので、中断しました。
ま、1回目でエラーなければ致命的な問題はないとの意見に従います。


今日の水槽写真はお休みです。








nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MAC OS X Sierra & FreeNASで不具合 2016-11-21 [パソコン]

こんばんは、今日も雨模様の一日でした。

空模様不安定なので、ウオーキングはお休みです。

昨日のMAC OS X Sierraアップデートですが、進展がありました。
FreeNASに置いている写真アプリのライブラリへアクセスできなくなったのですが、
無事にアクセスできるようにはなりました。

どうもMAC側にFreeNASの残骸が残るようで、存在しないFreeNASへ再接続を試みている様子。
FreeNASがネットワーク上にある間は切断前の状態からリセットされないので接続出来ないようです。
(一見切断されているように見えますが、システム内では切断前のゴーストにアクセスしている? )

一旦FreeNASを停止し、FInder上に見える共有(FreeNAS)が消えてから再起動させると復活しました。
しかしなぜ残骸が残るのか不明、FreeNAS停止から数分して消えましたが確実に消えるかも不安定です。

原因不明では使えないので、写真ライブラリを余っている外付けHDDにコピーし、写真アプリで使うと、
まず最初にライブラリのアップデートが始まり、時間は要しましたが無事に終了。
15時ごろから初めて使えるようになったのは21時前でした。。。   
これではFreeNASの存在意義がないので続きます。。。


今日の水槽
金魚
寝ていて、レモンコメットは3尾和金の影で見えません。
20161121 - 1.jpg

ゴールデンアカヒレ
20161121 - 2.jpg

ミナミヌマエビ
20161121 - 3.jpg

水換え用に置き水をしたので、明日は水換えできるかも。。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MAC OS Sierra & 雨の中ウオーキング。 2016-11-20 [パソコン]

こんばんは、今日は一日曇時々雨で、暖かな日となりました。

夕方頃には雨も上がった様子なので、ウオーキングに出発。
歩き出してしばらくで雨が降ってきましたが、傘をさして続行。
後半は止みましたが、さすがに今日はジョギング人口も少なめでしたね。

ウオーキング歩数:6821歩、距離:4.2km、消費カロリー:298kcal
合計歩数:6821歩、消費カロリー:1475kcal

ポケモンGOは5kmたまごからニョロモが孵化。


MAC OSの事。
先日からMAC OSを最新版のSierra(10.12.1)にアップグレードするべく、バックアアップを進め、
やっとバックアップも完了したので、今日アップグレードしました。
クリーンインストールも考えましたが、元の環境構築に自信なく、環境移行でアップグレードです。

途中でウオーキングに出たりで時間はおよそ3時間程度要しました。
私はYosemite(10.10.x)からのアップグレードなので、一つ飛ばしています。

一応順調にアップグレードできたのですが、一つ問題が発生。
FreeNASに保存している写真のライブラリにアクセスできなくなりました。
アップグレード後に写真を起動させた時にはアクセスできたのですが、ライブラリのアップデートが
開始された後、いつまでたっても進捗0%なので強制終了させたのがよくなかった様子です。
FrrNAS側のファイルが壊れてなければいいのですが。。。 

MACに保存されている別のライブラリは無事に無事アップグレードできたので、FreeNASとの間でなんらかの
問題があった様子です。
とりあえず続きます。


今日の水槽写真

金魚
20161120 - 1.jpg

20161120 - 3.jpg

ゴールデンアカヒレ
20161120 - 2.jpg

ミナミヌマエビ
20161120 - 4.jpg

ミドリガメは室内窓際に移動。
昨年も保温装置なしで過ごしたので、今冬もその予定です。
夜は発砲スチロールで覆う等の保温はしてます。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FreeNAS 9.10で警告発生 -- One or more devices has experienced an error --- 。 2016-07-19 [パソコン]

こんばんは、今日も暑くなりました。

ウオーキングはお休みです。
頑張りすぎか、股関節に痛みが。。
1日してから痛くなるのは年のせいですかね。。

今日のタイトル。
数日前からFreeNASが警告を発しており、調べるとシステムの再インストールで解決するとの事。
再インストールのために、自分のブログを確認したのですが通常は多くても2桁半ばの閲覧数が、
2016-03-30 のFreeNAS構築記事は400件を超えていました。
FreeNASへの関心が多い事に驚きますが、あまり参考にならない記事で申し訳なくも思います。

FreeNASに触れている自分のブログを整理してみましたが、アクセスが多いのは、
システム構築、システム構築その2、システム構築その3の3件です。











今回の警告は再インストールで無事に解決したので、参考に顛末をまとめておきます。

警告(メニュー右端のAlertをクリックでこの画面になります)
警告画面は保存しなかったので、これは警告解除後の画面です。
アップグレードの有無もここで注意喚起されます。
20160719 - 1 .jpg
警告メッセージの内容:
The boot volume state is ONLINE: One or more devices has
experienced an error resulting in data corruption. Applications may be affected.

どうやらboot ボリュームに不具合があるらしい事は分かりますが、解決するスキルが有りません。
googleで調べるとそのものズバリのURLを発見し、再インストールする事にしました。
システムはUSBメモリにインストールしているので、USBメモリに再構築してbootすると、
何事もなかったかのように動作し、警告もなくなりました。



手順

参考画面 System 基本設定
20160719 - 2.jpg

1. 設定のダウンロード
     システム --> 基本設定 --> 設定のダウンロード (保存する)
2. 別のUSBメモリにFreeNASをインストールする。
  私は VirtualBOX でインストールしています。
  実機でもできますが、事故でデータを壊すのが怖いので。
  インストールイメージ(FreeNAS 9.10-stable.iso)をそのまま使えます。
3. インストール終了後のWinzardはキャンセルしてシャットダウン。
4. インストールしたUSBメモリを実機に差して起動します。
  ディフォルトの英語で起動します。
5. 起動後システムをアップグレードします。
     システム --> 更新 --> check now --> 実行します。
  Stableからアップグレードしていた場合これを忘れると次で怒られます。(経験者 ^^;)
20160719 - 4.jpg

6. 保存した設定をアップロードします。
     システム --> 基本設定 --> 設定のアップロード
バージョンが違うと怒られます。
20160719 - 3.jpg

7. 再起動すると無事に元の状態に戻ります。


水槽写真お休みです。
  



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mac mini (Mid 2007)にFreeBSD-11.0 i386を 入れてみた。 2016-06-09 [パソコン]

こんばんは、今日は不安定な天気でしたが雨にはなりませんでした。

午後から晴れ間もあり、夕方にウオーキングに出ました。
無理せず歩いているので体調も足の調子も順調でした。
汗はかきますが、エネルギー不足にもなりませんでした。

ただ、足が若干つり気味になるのは車の運転中にもあるので、
持病の様に成ってます。

ウオーキング歩数:4,423歩、距離:4.1km、消費カロリー:263kcal
合計歩数:6,889歩、消費カロリー:1,433kcal

昨年秋にウオーキングを始めた当初は体重が減りましたが、
最近は変わらなくなりました。 この辺がバランス点の様です。

水槽写真お休みです。

以下ほとんど自分用のメモです。

数日前から2007年版 Mac mini にFreeBSDを入れようとして嵌ってました。

以下成功例の手順です。
思い出して乱雑に書いているので細部は違うかも。
ここに書いていないことも色々と試しましたので。。
参考にされる場合は自己責任でお願いします。

Mac mini( mid2007)概要
20160609 - 1.jpg

導入したFreeBSD
64bitは対応していないので、FreeBSD も32bit(i386) を入れます。
FreeBSD-11.0-ALPHA1-i386-20160528-r300895-disc1.iso (理由は後ほど)

USBイメージをUSBに書き込んでみましたがMac miniで起動できないので、
iSOイメージを入手してDVDを焼きました。

DVDを挿入して起動するとDVDから起動して、普通にインストールできます。
元のMACデータが不要であればこれでインストールは淡々と進みます。
(実はこうなっているとは知らず、BootiCampサポート外なので諦めていた。)

私はMAC OSとマルチブートしたいので、まずは MACのディスクユーティリティで、
パーティションのサイズを変更して、FreeBSD用の領域を空けます。
(サイズ変更して余った領域は空白で放置)

マルチブート用のユーティリティ rEFind を導入しておきます。
(FreeBSDを入れてからの方が良いかも)
最初は rEFit を入れたのですが、紆余曲折の結果rEFindに落ち着いています。
でも、rEFindはアンインストールが面倒です。
(こんな便利な物があるともつゆ知らずでした。。。)

FreeBSDのインストールを行います。
FreeBSDのインストールは下記URL参照
ただし、この方法ではMAc mini (mid2007)で起動できません。後述

ディスク領域の作成はManualを選んでから、作成はAutoにすると空き領域から勝手に割り当ててくれます。
(最初にAutoを選ぶとMACの領域も再割り当てされそうで怖いのでこうした物です。)
私は何回もインストールしたので、最後はManualで作成しましたが。。
以下のパーティションが作成されます。
freebsd-boot
freebsd-ufs /
freebsd-Swap

ディスクの名称は以下の様になるはずです。
(p1-p3はMAC用)
ada0p4
ada0p5
ada0p6

この後、通常のインストールを淡々と進めればFreeBSDは導入できますが、終了後に再起動すると
FreeBSDの起動ができません。
eEFindのメニューでFreeBSDの領域を指定できますが "No Operating System Found"だったかの
メッセージが出て起動できません。

対応策 
以下が肝心要の情報なのですが、なかなか見つけられませんでした。
64bitなMACを対象にした情報では以下は不要と思われるので情報が少ない?
(FreeBSDの32bit版ではUEFIブートの実装が見送られているから?)

参考URL

FreeBSDのインストール終了のメニューで、LiveCDを選んでコマンドモードに入ります。
以下を実行します。

# gpart list | less

リストから、freebsd-bootのディスクを確認します。
例えば、ada0p4

ブートコードを書き込みます。

# gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptboot -i 4 ada0

成功すると次のメッセージが出ます。
partcode written to ada0p4
bootcode written to ada0

これで再起動すると、rEFind のメニューにFreeBSDマークが現れて起動が可能になります。

おまけと結論
FreeBSD-11.0-ALPHA1-i386-20160528-r300895-disc1.isoを選んだ理由。
実は先に RaspBerry Pi B+ に FreeBSD arm 版を入れました。
FreeBSD-11.0-ALPHA1-arm-armv6-RPI-B-20160528-r300895.img.xz
FreeBSD-armv6-11.0-RPI-B-292989.img
これと同じバージョンにした物です。 (若干リビションが違います。)

ただ、RaspBerry Pi用のパッッケージは用意されていない物も多いので、ソースからコンパイル必要です。
FreeBSDではPorts環境が用意されています。
そのためのクロスコンパイル環境を作るために、Mac miniにFreeBSDを入れたのですが、
結論はi386版ではクロスコンパイル環境は構築できませんでした。。
i386版ではクロスコンパイル環境のPortsが停止されています。

参考URL

実際にRaspBerry Pi でソースコンパイルも試したので、また記事にします。















 

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FreeNAS 9.10でNASシステム構築その3。 2016-04-27 [パソコン]

こんばんは、今日は曇りから雨となりました。

午前中から時折雨がパラつく天気となり、午後遅くからは細かい雨となりました。
昼から散髪に行き、帰りは雨模様だったのでウオーキングはお休みです。

散髪と買い物で、
合計歩数:3,800歩です。

時間が有ったので、久しぶりにFreNASを触っていました。
FreeNAS 9.10releaseを使い始めて間もなく一ヶ月ですが、
4/14にリリースされていた 9.10 StableにUpagradeしました。

<概要>
9.10 ReleaseからStableへのUpgrade はisoファイルを使って新規インストールと同等の手順が必要です。
Stable後のマイナーUpgradeはGUIメニューからのUpgradeなので安心感はありますが、
isoファイルからのアップグレードは間違うとデータベースを壊しそうで怖いものがあります。

<isoインストーラの起動で問題>
isoファイルを書き込んだUSBを使用中の9.10 ReleaseのUSBと交換し、元の9.10 Releaseは空きスロットに。
これでPCを起動させると、iso(9.10 Stable)から起動すると思いきや、元の9.10 Releaseから起動してしまいます。
Biosを弄れば良いのかもですが、面倒なのでiso(9.10 Stable) で起動してから元のUSBを挿入で上手くいきました。

<手順>
具体的な手順は FreeNAS.org に詳しいのでそちらを参照下さい。
(今現在 FreeNAS.orgにアクセスできないのでリンクはありません)

画面を撮影したので歪んでますが。
起動後の画面。
1. Install/Upgradeを選択
20160427a - 1.jpg

Upgrade Installを選択。
既存の設定は保存されるとのこと。
20160427a - 2.jpg

インストール先を選択する画面で、ターゲットを選ぶ。
間違ってデータDiskを選ぶこともできるので慎重にです。
ここではda1です。 (写真忘れました)

注意喚起が出ます。
20160427a - 3.jpg

Upgaradeが始まります。
20160427a - 4.jpg

無事に終了です。
20160427a - 5.jpg


<再起動で問題>
Upgradeは無事に成功しましたが、再起動でコンフィグファイルエラーとかで、ネットワークが未設定に。
手動でネットワーク設定(DHCP) 後Webアクセスで確認すると、無事 Uograde前の状態に戻っていました。 
その辺の設定は問題なく引き継がれていたようです。 設定のバックアップを忘れていたので焦りました。。

FreeNASには主に写真関係のデータを保存しており、MACの写真アプリから直接アクセスして使っています。
たまに遅いと感じることはありますが大きな支障はありません。
一つ問題はFreeNASへの接続で毎回認証を求められてしまうことです。
今の所、どうすれば良いのか解決策が判らないのですが、立ち上げ時だけなので取り合えず我慢です。


水槽です。
金魚
20160427 - 1.jpg


ゴールデンアカヒレ
20160427 - 2.jpg


ミナミヌマエビ
20160427 - 3.jpg

写真ありませんが、ミドリガメは元気に餌を食べて糞もするので、毎日の水換えが
欠かせなくなってきました。
そろそろ表に出して日光浴を増やさないと。。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FreeNASへ写真ライブラリの整理で困惑。 2016-04-07 [パソコン]

こんばんは、今日は1日雨でしたね。

ウオーキングもお休みです。

NAS(FreeNAS)を構築したので徐々にデータを移しています。
iMovieとItunesのデータは比較的小さいので最初に完了し、問題なく使えています。

3−4日越しに移行したTime Machine(MACのバックアップシステム)は不安定で使用を断念。

写真ライブラリは300GB以上あるので昨日から移行を開始して今夜やっと終了しました。
先ほどから使って過去のデータは間違いなく有るのですが、ちょっと不具合が。。
iCloud経由でiPad mini4と共有したデータを受け取れなくなっています。
写真ライブラリの場所を変えただけなので原因分からず調査中です。
元々何となく使えていただけなので、一から勉強してみます。。

とりあえず、ブログで使うつもりの写真が来ないので困ってますが。。
2016/07/19 追記>
2016/04/08のブログで解決しています。
なお、昨日不具合でiPad mini4の写真を取り込めないと言っていましたが、MACを再起動すると回復し、iCloudに投稿すると無事MACで取り込めるようになりました。
なんだったのかは不明です。


水槽写真も休みます。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - パソコン ブログトップ